「マイホームで健康!」とは

wb_gif_image_008.gif

温熱環境について
「家の作りようは、夏を旨とすべし。冬は、いかなるところにも住まる。暑き比わろき住居は、堪へ難き事なり」これは、徒然草の一節です。夏過しやすい家とは、風通しが良い家のことを言います。WB工法は、この「風通し」を「通気」というかたちで住まいに取り入れました。
また、「冬は、いかなるところにも住まる」とありますが、現代人はそういうわけに行きません。冬の極端な寒さは、血管疾患を招き命に関わる事もあります。冬の暖かさを保つためには、「断熱」が不可欠です。WB工法では充分な断熱性を確保しております。
本来、通気と断熱は相反する状態となり両立する事は大変難しいとされてきました。しかし、WB 工法はこの通気と断熱を両立り、夏冬快適な環境を造りだします。

空気環境について
人間は、気管支呼吸と皮膚呼吸をして生きています。気管支呼吸は空気を体内に取り込み、皮膚呼吸は汗を出すことで老廃物を出し、体温を調節しています。
その人間が家に住むわけですから、家も人と同じように呼吸をしなければ健康に住むことはできません。気管支呼吸のように壁の中に空気を通して、皮膚呼吸のように壁から湿気を排出する。この二つの呼吸で室内の有害物質を排出しクリーンな室内環境を造りだします。

それでは、このWB工法が皆様の生活にどのようにかかわり、
快適生活のお手伝いができるのかをご覧下さい。

住家 -SUMIKA- 考えてみませんか?家と家族の関係性。

下の画像をクリックしてください。(別ページが開きます。) wb_image_003.jpg

空気環境について

温熱環境について

必読!“無料”小冊子進呈中!

知って得する魔法の“小冊子”限定プレゼント!

お問合せフォーム